本文へスキップ

「自然と暮らす」家づくりなら、丁寧な仕事で評判の、高槻市(株)ろくじょう工務店へ

072-677-5617

〒569-0832 大阪府高槻市唐崎中4丁目21番18号

2020年省エネ基準~長期優良住宅の一歩先へ




このページをご覧いただいているあなたは、2020年に「省エネ基準」が「義務化」されることをご存知でしょうか。

日本における住宅の省エネ基準は、1980年に初めて設けられて以来、1992年、1999年に強化されてきました。

特に1999年の改正は全面的な見直しをともなうもので「次世代省エネルギー基準」と呼ばれてきました。

そして、東日本大震災後、新たな基準として2013年に導入されたのが「改正省エネルギー基準」です。

これまでの基準は義務ではなく
一つの目安でしたが、改正された省エネ基準は、2020年にパワーアップした内容で、全ての新築住宅

を対象に義務化
が予定されています。



 パワーアップする省エネ基準




旧基準の「次世代省エネルギー基準」は、建物の外皮(壁や開口部など冷暖房する空間と外気を仕切る部位)を断熱性能だけで評価

するものでしたが、「改正省エネルギー基準」は、新しい計算方法を採用した「外皮の断熱性能」に加え「一次エネルギー消費量」

の2つのモノサシで評価されるのが特徴です。

一次エネルギーの消費量は冷暖房をはじめ、換気、照明、給湯などの設備機器の性能から算出され、建物と設備機器を一体化して総

合的に評価する仕組みになるため、家全体の省エネ効率を考える必要があります。




家の資産価値を上げる

前述のとおり、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」では、住宅の省エネルギー性能に最低基準が義務化されるのは2020年を予定しています。

「なんだ、3年後か。じゃあまだ関係ないな・・・。」


と思った方、それは大きな間違いです!

この法律は、将来の私たちの人生設計に大きく影響してきます。例えば、2020年までには住宅を購入したいと考えている方はもちろん、今住宅を所有している方にもこの法改正

で、どのような影響があるのかを知っておく必要があります。


もし2020年以降の義務基準に満たない家を新築しまった場合、わずか数年でせっかく建てた自宅が型落ちになるという意味でもあり、ファイナンス

的には資産価値がガクンと下がってしまう可能性が高くなります。

「家は人生最大のお買いもの」とよく言われますが、家を買うことは「消費」ではなく、「大きな資産を手に入れること」だと思います。

資産には、価値がなければなりません。

大事な資産の価値を下げないためにも、2020年のこの基準は無視できないところではないでしょうか。






いいなスタイルでは、さらに快適で地球にも家計にも優しい家づくりのために、この基準をクリアする家づくりを行っております。






その他、長期優良住宅について、より詳しくお知りになりたい方、ご相談、ご質問は下記までお気軽にご連絡ください!
 
072-677-5617  FAX:072-629-7117

インターネットからのご相談、資料請求等は、こちらからどうぞ!