本文へスキップ

「自然と暮らす」家づくりなら、丁寧な仕事で評判の、高槻市(株)ろくじょう工務店へ

072-677-5617

〒569-0832 大阪府高槻市唐崎中4丁目21番18号

パッシブデザインの魅力

エアコンなどの器具に出来るだけ頼らずに、太陽の光や熱、風といった“自然の力”を適切に取り入れて住環境を向上させる設計手法を、「パッシブデザイン」といいます。

つまり、外部環境から心地良さにプラスとなる要素を上手に取り入れ、逆にマイナスの要素の影響を出来るだけ排除することで、四季を通じて快適な住環境をつくるための設計上の工夫なのです。

具体的には、外壁や扉・窓から熱の侵入を防ぐこと(断熱)と、窓から侵入する日射を遮ること(日射遮蔽)などがあります。

私たちは各手法をうまく取り入れることで、環境との共生を目指しています。

だから、電気やガスといった「機械」の利用が減少し、省エネでありながら、快適で健康な暮らしを実現することができるのです。

パッシブデザイン=快適な住宅

であり、

パッシブデザイン=健康的な住宅

なのです。   


 パッシブデザインで涼しく




暑い夏。
一番の強敵は強い陽射し。
この陽射しを、いかに遮断するかが、夏を快適にする大きなポイント。
そして、通風。
室内よりも涼しい風を取り入れることが出来るか、
さらに、屋内の熱気を抜くことが出来るか、
が大切です。

 パッシブデザインで暖かく

冬暖かく過ごすには、建物全体の「保温性能」を上げることが何よりも重要です。
建物の断熱仕様を考え、一定以上の気密性能を確保します。
次は、できるだけ多くの日射(太陽熱)を採り入れること。太陽熱で暖められた部屋の心地よさは格別です。
さらに、蓄熱性を上げることも大きな効果があります。
建物の性能の向上だけではなく、日射や蓄熱のことも考えながら、設計に向かうのです。


パッシブデザインの5つの技術








パッシブデザインとは5つのデザインを、

適切に建物に組み込む設計技術です。

様々なところでこれらのデザインは対立することがあるた

め、いかにうまくその対立を解消するかが、

パッシブデザインの最大のポイントになります





断熱性能を高めることは建物全体の保温性能を向上させ、様々なメリットを与えてくれます。
このメリットはとても大きく、逆に一定の断熱性能が確保されないときのデメリットがとても大きいため、
建物に一定以上の断熱性能を組み込むことが大切になってきます。


断熱性能や保温性能を表す指標

建物全体の断熱性能の指標として「UA値」が、また断熱性能も含んだ保温性能の指標として「Q値」があり、
実際にその建物がどの程度の断熱性能を持っているかを知るには、こうした指標を見ることが確実です。
以下に地域ごとの基準値(上限値)を示します。

 地域  1 2  3  4  5  6  7  8 
UA値の基準
【W/㎡K】 
 0.46 0.46  056  0.75  0.87  0.87  0.87 
Q値の基準
 【W/㎡K】
 1.6 1.6  1.9  2.4  2.7  2.7  2.7  3.7 



断熱性能(保温性能)を高めることによる、冬のメリット

この「基準値」の0.7掛け程度に断熱性能(保温性能)を高めると、満足度の高い住まいを目指すことができ、冬のメリットも高いレベルで実現できるはずです。

そうすることで、

少ない熱で部屋を暖めることができ(省エネ性)、また暖房をしている部屋としていない部屋との温度差が小さくなります。

ですから、

温度差によるヒートショックの危険性を大幅に減少
することができます。
夏の暑い日差しを室内に入れないための日射遮へいは、夏期における快適と省エネを実現させるための基本中の基本です。
最近になって断熱性能はかなり注目されるようになってきましたが、日射遮へい性能についてはまだまだ理解や工夫が足らないように思います。とくに「断熱性能(保温性能)を高めていくと、夏の室内が少しずつ暑くなっていく」という現象が起きるのですが、この問題を解消するには日射遮へいのデザインをしっかり考えることが何より重要です。




窓周りの日射遮蔽

平均的な性能の建物でレースカーテンを引く程度の日除けをしている状況では、夏に室内に入ってくる日射熱のうち70%程度が「窓から」になっています。

したがって、この対策を考えないと確実な日射遮へいはできません。

ポイントは「庇や軒を考える」「窓の外側に日除け装置を設ける」というところです。

またこうしたものは外観のデザインを決めることにもなるので、設計段階でしっかりと検討します。


夏を快適に過ごすために不可欠なもう一つのポイントは通風です。
同じ室温でも微風があるだけで不満率は下がります。
どの季節、どの時間に、どこからよく風が吹いてくるかを気象庁のデータや敷地調査から確認し、
家の中を風が抜けるよう窓の配置や大きさ、種類を計画します。






卓越風向・立体通風・高窓・ウインドウキャッチャー

「卓越風向」とは「ある地点で月ごと、または年間を通して一番吹きやすい風向」のことですが、年間を通じて、多くの風を取り込むには、その土地での風向きを知っておく必要があります。
パッシヴデザインでは、「卓越風向」を確認し、その風を最大限に取り入れられるよう、
窓と平行に吹く風を縦庇や縦すべりだし窓などのウィンドキャッチャーを取り付けます。

また、室内を風が循環するよう、居室には2方面以上の窓を設けます。
あたたかい空気が上昇する性質を利用して高窓や天窓、地窓など高低差のある窓を計画的に配置して立体的な風の動きをつくり、天井付近の熱を外へ逃がします。




南の窓が大きく設けられた日当たりのよい家は誰もが望むもの。
ただ、ここで述べる「昼光利用」というのはそれだけの内容ではありません。
日照によって南側の部屋を明るくすることはもちろん、北側の部屋にも光を届け、
家全体に太陽の光が溢れるようにする設計技術のことを指しています。





採光・導光のための技術

たくさん窓を設ければ明るい住まいになるのは当然ですが、そうすると冬には熱が逃げやすく、夏には日差しが入りやすくなってしまいます。

採光や外観デザインとのバランスも考えながら、すべての部屋に自然光が入るように次のような手法、ポイントがあります。

■ 一つの部屋に2面の窓を設ける
■ 高い位置に窓を付けると、床面の明るさが均一化する
■ 北側のトップライトは均一的な明るさをもたらす
■ 吹き抜けは光を奥まで届けることができる
■ 欄間を設けると、南側の明るさを、北側に届けることができる

これらを総合的に考慮して設計していくのがパッシヴデザインなのです。
「日射熱利用暖房」とはその言葉の通り、冬に日射熱を室内に採り入れて暖房に使うという設計技術です。このときに重要になるのが、日射熱を採り入れる「集熱」、入った日射熱を逃がさないための「断熱」、入った日射熱を蓄えておく「蓄熱」の3つのデザインをしっかり考えることです。この3つが高いレベルで実現できれば、快適性と省エネルギー性が極めて高い建物になります。ただし、地域によっては日射熱利用暖房があまり効果的ではない場合があったり、敷地の南側に建物などがあると冬の日射が遮られ十分な集熱ができないため、事前の検討を行うことが重要です。


太陽を把握する


パッシブデザインにおいて、自然エネルギーの活用のほとんでは太陽光です。「日射遮へい」のどれだけ太陽光の侵入を防ぐか、「日射熱利用暖房」でも、どれだけ太陽光の熱を入れ、その太陽光が「熱」となったものを使います。

ですから、太陽光の知識を持つことや、敷地で太陽光がどのように動くかを把握することはパッシブデザインにおいて極めて重要です。

そのためには、その土地において、季節ごと・時間ごとの日射取得をシミュレーションをし、建物に囲まれた敷地でも集熱ができるよう建物の配置や窓の大きさなどを計画します。

当社では、高度な3Dキャドシステムを用い、太陽光の入り方を検証し、設計に取り入れています。







その他、長期優良住宅について、より詳しくお知りになりたい方、ご相談、ご質問は下記までお気軽にご連絡ください!
 
072-677-5617  FAX:072-629-7117

インターネットからのご相談、資料請求等は、こちらからどうぞ!





見学会・セミナー情報


次回のセミナー情報は、こちらからどうぞ


見学会、セミナーのお申込み、お問い合わせはこちらからどうぞ
 Link
  ブログや、加盟団体へのリンクです。
  自然素材の家づくり研究会

  パッシヴデザイン協議会

      Forward to 1985

  住宅あんしん保証

  いいなスタイル「猫ブログ」